竜ヶ岩洞(りゅうがしどう)

みなさん、こんにちは。

平成建設の池田です。

来週のブログネタが見つからないまま、

とうとう週末にさしかかりました(汗)

途中でやめてしまうことのないように、頑張って

継続していきたいと思います!!

今回のテーマは、「竜ヶ岩洞」です。

先日、静岡県浜松市北区の鍾乳洞、竜ヶ岩洞(りゅうがしどう)に

行ってきました!! 竜ヶ岩洞は、2億5千万年前の石灰岩地帯に

形成された、東海地方 最大級の観光鍾乳洞で、約400mの観光

ルートには、様々な形の鍾乳石を見ることができます。洞窟内にも

かかわらず、落差30mの大滝があったりして、想像以上でした。

鍾乳石は、たった1㎝成長するのに 約100年もかかるそうです。

何となく見ているだけだと それまでですが、現在の状態は 何千年・

何万年という とんでもなく長い年月をかけて成長してきた姿という

ことをふまえた上で見ると、また違った見方ができます。洞窟内は、

年間通じて気温18℃ということで、とても快適でした~!!

入口の様子です。

洞窟内の様子です。
写真の腕が悪く、その壮大さを伝えられず残念・・・

竜ヶ岩洞の見学は、家族みんなは 初めてでしたが、

私は 実は2回目でした! 竜ヶ岩洞のオープンは、

1983年10月、今から ちょうど34年前です。

竜ヶ岩洞の発掘の関係者が、父の知人だったことも

あって、オープンの数ヶ月前の工事中の段階に見学

させてもらえたそうです。当時 私は8歳で、まだ

整備途中の危険な通路を ビビリながら歩いたのを

何となく覚えています。

コメント
コメントはこちらから