第二の人生を楽しむ家-8

バリアフリー④

バリアフリーな家は 段差や使い勝手ばかりでなく お部屋の中の

温度対策のバリアフリーも重要です

c0e7c5b1ab3fe6fbcc61e7166cb90017

夏は涼しく 冬はあたたかく過ごせる住まい また 冬場トイレに

行った時 寒くてヒートショックと呼ばれる温度差がある事は

禁物です

温度差に関しては 最近の住まいは政府の主導もあって高気密

高断熱でゼロエネルギー住宅を目指しているのでまさに

温度のバリアフリー住宅になっています

I060929-01

また 昼間は自然の光をたくさん取り入れられるようにして

夜はリビングや洗面トイレなどの明るさを一定に保つ事も

バリアフリーとなるし 寝室の照明を眠りにつきやすくする

ものを選ぶことも重要です

その他 春や秋の過ごしやすいシーズンには自然の外気を入り

やすくし お部屋の空気をいつもキレイで快適に保つことも

バリアフリー住宅では重要な内容となります

寝室は隣同士にしていびきは気にならないけど 何かあったら

すぐにそばにいられる距離が良いねと言われています

 名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所                                  古橋 雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから