第二の人生を楽しむ家-7

バリアフリー③

バリアフリー住宅にするためには水周り 特にトイレや洗面の

設計は注意が必要です

067-facebox

トイレを車椅子で使用できるようにするにはかなり幅を広げ

ないといけません 

トイレに座り直すのに車椅子を便器の隣に置けるスペースを

確保しなければならないからです

barrierfree-list-002

トイレの部屋の内部に車椅子が全部納まらなくても 扉を

明けた状態で移れるようにできれば良いのですが ある程度の

スペースは確保する必要があります

介助者が必要になった時でも対処できるような広さが望ましい

です

1365579169-536448_3

洗面所では車椅子に座ったまま洗面台を使えるようにするには

カウンターの高さを下げないといけません

浴室はまず浴槽をまたぐ高さを低く抑えること エプロンに

腰掛けるスペースがあってそこに腰掛けてから浴槽に入れる

こと できれば介助者も一緒に入れるように広い洗い場にすると

使いやすいお風呂になります

 名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所                                  古橋 雄治

バナー←あなたのワンクリックお願いします

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから