第二の人生を楽しむ家-6

バリアフリー②

バリアフリーの住宅プランを作る上で次に重要なのは廊下

幅です

ju03

昔からほとんどの会社が使用している910モジュールで

住まいを造ると廊下幅は740~780ミリぐらいになり

車椅子の幅は600~700ぐらいなので まっすぐ通る

事はできます

06

しかし 車椅子の向きを変えて部屋に入る事はかなり難しいし

手摺をつけると当たってしまいます

そのため バリアフリー住宅だと最低でも廊下幅は850ミリ

以上取りたいので廊下幅は1mごとのメーターモジュールが

お勧めです

廊下の途中で車椅子でターンしようとすると1500ミリ

ほど必要になるので その必要があるのなら特別な設計が

必要です

 名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所                                  古橋 雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから