第二の人生を楽しむ家-5

バリアフリー①

第二の人生を楽しむ家で まず考えなくてはいけないのは

バリアフリーです

main_mu

バリアフリーとはバリア(障害)をフリーにすることで 高齢者や

障害者が生活するうえで支障となるものがないようにする

ことです

一番目に多いのは部屋と部屋や廊下との間に段差を造らない

ようにすることです

case674-4_06L

昔は和室に入る時は1寸~1.5寸ほど床が上がっていると

豪華に見えるからと造ったものですが 階段ぐらいの段より

10mm~30mmほどの段の方がつまづきやすくて危ないと 

言われています

玄関は 段差がなく車椅子でそのまま入れるようにするのが

便利ですが 段差をなくすと色々支障がでるので あえて

段差を残して車椅子を乗り換えるようにするやり方もあり

ます

それには車椅子を置いておいたり乗り換えたりする ある

程度の広さが必要になってきます

                   つづく

 名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所                                  古橋 雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから