モネの池

こんにちは(^^)

モデルハウスお出迎え兼お掃除担当の荻野です。

9月も下旬になり朝夕はとても冷えますので、

体調崩されぬようお気を付けくださいね(*^_^*)

 

さて、画家・モネの「睡蓮」に大変似ていると話題の

岐阜県関市にある「モネの池」を見に行ってきました!!

岐阜県関市といえば、鎌倉時代から日本刀の鍛冶で有名です。

関鍛冶とも言われており数々の名刀を生むと同時に、

松尾芭蕉の弟子にして「風狂の俳人」または「俳諧の狂者」ともいわれた

広瀬惟然を生んだ地としても有名なんだそうですよ。

 

モネの池は無名の池だったようですが、画家のクロード・モネの

代名詞ともなる「睡蓮」の連作に大変似ていることから

「モネの池」と呼ばれるようになったそうです。

透明度の高い池に、鯉がすいすいと泳ぐ姿はまるで絵のようですよ。

ちいさなこどもの鯉もいて、かわいかったです(*^_^*)♡

平日でしたが、たくさんの人で賑わっています!!

情報によると、蓮の花が咲く6月上旬がオススメで

蓮の花は早朝にしか咲かないので、朝行くのが必須だそうです\(^o^)/

私が行った日は曇りでしたが、たくさんの人で賑わっていました☆

晴れていたら空の綺麗な青が池にとけて、もっとキレイかもしれません!!

みなさんもモネの池行ってみてはいかがでしょうか?

コメント
コメントはこちらから