土地探し、建築会社選びとやるべき事の多い家づくり

土地探し、建築会社選びとやるべき事の多い家づくりです。どちらを先に探せばいいのだろう?

家づくりを効率よく安心して進めるために押さえておきたいポイントについて、

ご説明いたします。

土地と建築会社は並行して探そう!!

土地を購入して家を建築する場合、一般的に住宅ローンは土地代金と建築費を合わせて借入することになります。

ただし、住宅ローンの事前審査や申し込みをする場合、建物の図面や見積書が必要になります。

銀行は土地代金はわかるものの、そこにどのような建物がいくらくらいで建つ計画なのか。

トータルの費用が本人の収入や担保評価に見合うものかが、貸してくれるかどうかのポイントだからです。

そのためには建築会社に関しても、土地探しと平行して探すのがおススメです。

仮に気に入った土地が出ても、売り主さんはいつまでも待ってくれないため、あわてて十分な検

討ができずに建築業者を決めてしまわないためにも大切なことです。

注文住宅の場合、一般的に工事の出来高に応じて、数回に分けて支払う場合がほとんどです。

しかし住宅ローンは銀行によって、完成後の一括融資を条件にしているところもあり、

注意が必要です。

その場合は、「つなぎ融資」という建物が完成までの間、別に融資を借りることができます。

ただし、その場合借り入れ事務手数料はつなぎ融資の利息が発生します。

前もって資金計画をするときに、稿本銀行の住宅ローン商品に関して、情報収集しましょう!!

建築会社は何社も検討するのに、住宅ローンは口座があるからとか、どこも一緒でしょ!

と思わないことです。

35年間も支払う住宅ローンの元金や利息などの方が、建築会社の見積もりの各社の差より大き

いなんてことが十分あり得る話です。

コメント
コメントはこちらから