家づくりにかかるお金①

家づくりは一生で一番高い買い物といわれています。

その内訳も多岐にわたりります。その内容がわかると、安心して計画が進められます。

ここでは、家づくりにかかるお金について、ご説明いたします。

建築会社を選ぶ前に基本的な部分をきちんと理解して、失敗のない資金計画を立てましょう!!


建築費の構成について

家づくりには様々な費用がかかります。一般に建築費と

呼ばれるものは、「本体工事費」、「付帯工事費」、「諸費用」です。

さらに土地を買う場合は「土地購入費」もかかります。

広告などで住宅の価格として表示されるのは、ほとんどの場合「本体工事費」のみのケースですか

ら、注意が必要です。

「坪単価 〇〇円」も同様に、あくまで「本体工事費」の目安を示している場合が多い。

ここに含まれない「付帯工事費」、「諸費用」は別途にかかることを知っておきましょう!!

そうすることで、予算オーバーを防ぐことができます。

建築会社から見積金額の提示を受けた場合、「本体工事費」以外に「付帯工事費」、「諸費用」が

どれくらいかかるのか確認してみましょう!!

一般的に総費用のうち、「本体工事費」が約70%、「付帯工事費」が約20%、「諸費用」が約10%

くらいと言われております。

目安としまして、建築費の総予算が2000万円の場合、「建物本体工事費用」としては

約1400万円程度となります。

コメント
コメントはこちらから