息子とのサッカーライフ

みなさん、こんにちは。

平成建設の池田です。

ブログネタのストックが無く、不安な毎日ですが、

今週は何とか乗り切れそうです。でも来週は・・・。

途中でやめてしまうことのないように、頑張って

継続していきたいと思います!!

今回のテーマは、「息子とのサッカーライフ」です。

息子(12歳)は、一昨年8月にサッカークラブに入部したのですが、

早いもので、もう2年が経ちました。息子以外の子たちは 4・5年も

前からプレーしている子ばかりなので、入部当初は、当然 遅れを

とっていました。それは、息子にサッカーをやって欲しいと願って

いた私でさえ、「入部させない方が良かったのではないか?」と

思ってしまうほど、歴然とした差でした・・・。息子は、口に出して

言いませんでしたが、惨めな思いもたくさんしてきたと思います。

そんな息子のために私がしてあげられることは、サッカー・フットサル

経験者としてのアドバイスをすることと、一緒に練習することです。

私は、自分の経験から「とにかく基礎が重要」という考え方の為、

基礎練習を徹底的に行ってきました。同じことを繰り返し練習するのは

面白味もないし、飽きてしまう為、「もっと違うことを教えて欲しい」

「華麗なプレーをやりたい」と、息子は思っていたかもしれませんが、

他の子たちとの経験年数の差を縮める為には、基礎技術を身に付ける

しかないと信じて、言い聞かせてきました。基礎が無くてもある程度の

レベルまでなら通用するかもしれないけど、少しでも上を目指すなら、

そして 今だけではなく将来を考えたら、基礎技術の習得は何よりも

優先することだと言い続けてきました。息子は、そのことを理解して

くれたかはわかりませんが、文句も言わず、私に付いて来てくれました。

そして、昨年の春ごろから、そんな努力の成果がプレーに現れるように

なってきて、試合に出られるようになりました。入部した当初は、

まさかこんなに早く試合に出られるとは想像もしていなかったので、

本当に驚くばかりです。そして今では、なんと不動のレギュラーにまで

成長しました。試合に出るたびに上達していくのが見て取れるので、

私にとって、息子のプレーを見ることが、今 一番楽しい時間です!!

予想を超える上達ぶりに嬉しくなるばかりですが、気を緩めずに、

基礎練習は今まで通り続けていこうと思います。

6年生(12歳)は、大会・試合の数が とにかく たくさんあるので、

これからが楽しみです!

コメント
コメントはこちらから