ワンちゃんと暮らすには?-4

lgf01a201308161800

ワンちゃんと暮らす家の設計をするにあたり プランニング

の注意点です

lgf01a201403070400

ワンちゃんの自分の空間があったほうがストレスの負担も

少なく 精神的に落ち着いた生活を送ることができるので

安らげる囲まれた狭い場所を用意し それもなるべくご家族の

すぐそばにしてあげると喜びます

部屋

階段の下などに 天井が低くて狭い空間を作ってあげると良い

でしょう

飼いやすい室内犬5-600x400

夏の暑い直射日光のあたる場所 寒暖の差が激しい場所

通気の流れが悪く湿気のこもる場所

乾燥のしすぎるような場所 これらは避けて匂いが滞留

しないような環境づくりを心がけることです

フローリング-3

ワンちゃんはどちらかというと寒さは割と平気ですが 暑さ

には弱いことが多いのです
     
                    つづく

 こちらもどうぞ→ワンちゃんと暮らす家の注意点

 名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所                                  古橋 雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから