仕様打ち合わせ:電気配線編-1

みなさん、こんにちは。

平成建設の池田です。

今回でブログネタのストックが無くなりました・・・

途中でやめてしまうことのないように、頑張って

継続していきたいと思います!!

今回のテーマは、「仕様打ち合わせ:電気配線編-1」です。

私は ご契約いただいたお客様との仕様打ち合わせを担当しています。

今回は、電気配線の打ち合わせについて ご紹介いたします。

注文住宅の仕様の打ち合わせは、非常に多岐にわたります。

屋根材や外壁材、サッシ、玄関ドアなど、外部に関わる仕様。

床材や建具、水廻り設備、収納棚など、内部に関わる仕様。

クロス(壁紙)や照明、ポーチタイルなど、仕上げに関わる仕様。

建物以外にも、外構工事など 打ち合わせする項目があります。

今回取り上げた「電気配線」も、打ち合わせ項目の一つですが、

電気配線の打ち合わせになると、途端にテンションが下がる傾向に

あります・・・。お客様によって差はありますが、多くの方がそうです。

外壁材や玄関ドア、床材、建具など、デザインやカラーを検討する

項目は、悩みながらも、どこか家づくりの楽しさを感じながら検討

いただいているように私は感じています。

とりわけ、クロス(壁紙)に関しては、テンションが上がるお客様

(特に奥様側)が多く、目を輝かせながらサンプルブックをめくる

姿を見ると、私も嬉しくなります。

一方、電気配線はというと、基本的に図面と睨めっこという作業に

なりますので、楽しみながらという訳にはいかないようです。

このような電気図面を目の前に提示した途端、みなさんの顔色が

変わるのがよくわかります(笑)

ただ、この電気配線は、打ち合わせ項目の中で一番重要であると、

私は声を大にして言いたいです!!!

見慣れない図面は難しく感じますし、考えることが億劫になるのは

わかります。実際にカタチになっていない住まいでの生活を

頭の中でイメージしながら決める作業は、正直 大変です。

しかし、だからと言って、細かい内容を検討せずに進めてしまうと、

「実際に生活してみたら後悔だらけ」という結果になってしまいます。

代表例・・・「この家電をここで使いたいのにコンセントが無い」など。

お引渡し後のお客様アンケートに、「もう少し、こうしておけば

良かったと思うことはありますか?」という質問があるのですが、

ダントツに多い回答は、電気配線関係なのです・・・。

「仕様打ち合わせ:電気配線編-2」では、電気配線の打ち合わせ内容を

もう少し具体的に ご紹介したいと思います。

コメント
コメントはこちらから