テオ・ヤンセン展の人工生命体

9月に入って過ごしやすい気候になってきたので 芸術の秋と

いうことで 三重県立美術館を覗いて来ました

友人のFacebookで 面白いものを見つけて自分の目で見たく

なったからです

三重県立美術館開館35周年記念Ⅱ

テオ・ヤンセン展 「人工生命体、上陸!」

というものです

プラスチックのフレームで作ったものが 風や人力で動く と

いうもので 小学校の夏休みの工作が進化するとこうなる と

いうようなものかもしれません

DSC_0050

近くで見ると一つ一つの部品を変形させて繋ぐという手作り

感満載でした

DSC_0046

動きを見ていると プラモデルに生命が宿ったようで 何とも

言えない 不思議さを見ることができました

DSC_0053

海岸で風の力で動かしていた映像をみていると もっと壮大で

感動を味わえました

DSC_0045

お客様が実際に動かすことができて長蛇の列でした

DSC_0044

こういう体験をすると心をリフレッシュすることができて

面白かったです

 名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所                                  古橋 雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから