ワンちゃんと暮らすには?-2

index_img_08

まずワンちゃんと暮らすのに適した部屋の床材について

考えていきたいと思います

ワンちゃんは床を掘ったりすることが好きなので全く

傷がつかないようにするということは難しいと思います

フローリング-6

それを踏まえて

床材は滑りにくいこと 滑る床の上で犬が身体を支えるため

には 股関節や後肢に大きな負担が掛かります 

フローリング-2

おしっこをしてしまっても掃除がしやすいこと

ワンちゃんの毛が抜けても掃除がしやすいこと

犬には1年に2回程度 換毛期と呼ばれる 毛が大量に抜ける

時期があり そこら中にふわふわと毛が舞い散りますので

掃除がしにくく この時期が大変です

o0600040011209964421

ペット用の滑りにくいフローリングやタイルは適している

と言われています

私は針葉樹の無垢材のフローリングが良いと思います

柔らかいので傷はつきやすいですが その傷は不自然でないし

滑りにくいからです

フローリング-4アカマツ

ただ傷が気になる方には駄目かもしれません

タイルは硬いので高齢者の足には負担がかかること オシッコ

やうんちは目地に染み込みやすいです

lgf01a201406281200

クッションフロアは塩ビでできたシート素材で アンモニア

にも強く掃除も簡単なので適していると言われています

でも表面加工によっては滑りやすいものもあるのと 見た目が

安っぽくなりがちなので注意が必要です

クッションフロアに似た塩ビ製タイルなら もう少し硬く

安っぽくないものもあります

絨毯

絨毯はワンちゃんは歩きやすいですが掃除がしにくいので

あまり適していませんが ループの絨毯で50センチ角に切って

ある タイルカーペットなら 傷んだり汚したりしたものだけ

取り替えることができるので良く使われています

                   つづく

 こちらもどうぞ→ワンちゃんと暮らす家の注意点

 名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所                                  古橋 雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから