注文住宅の収納について-6 玄関収納-2

せっかく玄関にシューズクロークを造るのなら 靴だけの

収納でなくてもっと有効的に利用したいですね

img_0

できればシューズクロークに他のものも収納したいと考え

ると そのスペースの奥行きを1.5mぐらいにして 靴の

棚の反対側にも棚をつけると もう少し大きなものを

収納できるようになります

靴を履いたまま収納したいものはご家族により様々ですが 

ベビーカー 外で使うおもちゃ 野球やサッカーなどの道具

キャンプ用品 バーベキュー用品 ゴルフバッグなどなど

またシューズクロークをウォークスルーにすることで 

通常の玄関の他にシューズクロークを通って家の中に入れる

間取りもよく見かけます

ファミリー玄関とも言って  靴を縫いでも通常の玄関に置いて

おかなくても良くなるので人気があります

theatre03-002

簡単に言うと 来客用の玄関と日常使いの玄関があるという訳

です

場合によっては複数の動線をつくってあげることで

「シューズクローク」→「パントリー」→「キッチン」

というような動線にすることも可能になります 
 
平成建設でも何軒か創った事があります

シューズクロークを充実させると大変便利になりますね

 名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所                                  古橋 雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから