注文住宅の収納について-5 玄関収納-1

13-シューズクローク-エノーク

玄関の収納というと 以前は下駄箱を置けばよいという時代が

長くありましたが それだけでは足らず シューズクロークを

造ることが多くなってきました

07_ph01-02

一般的なご家族をご夫婦と子供さん2人の4人と想定すると

幅1mほど高さ80センチほどの下駄箱ではいずれ靴が入り

きらなくなります

54911-m

そのためにシューズクロークを造って 普段使わない靴は

そちらに置くということです

住宅の間取りの基本は91センチなのでその寸法でシューズ

クロークを造ると奥行きで使える幅は通常75センチほどに

なります

c7bae8b7f06a1f5ebe699acb06540edbc5d9c4e6

そこに30センチの靴の棚をを設置すると 残り45センチ

何とか入って靴を取り出すことができるぐらいです

DSC_8911ss

既製品の奥行き45センチの収納を置くと 残り30センチで

大変窮屈なので できれば30センチぐらいの棚板を直接

取り付ける作り付けにすると良いと思います

shuunou_power_img05

収納する靴はブーツや長靴など大きいものもあるので 

可動棚にすると便利です

 名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所                                  古橋 雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから