注文住宅の収納について-2

収納というのは 必要な時に必要なものを取り出して使えると

いうことが第一の前提です

収納一般- (1)

そんなこと当たり前ですが それがなかなか実現できていない

ことが多いようです

せっかくの注文住宅だから後悔しないように収納をたくさん

造ろうと考えたことは良いのですが 広い収納を造ったのに

棚がなくて仕方がなく荷物を積み上げたら倒れてきたという

話を聞きます

収納一般- (2)

また奥行きの設定を間違えて 奥に入れたものが取り出せなく

なりずっと入れっぱなしという収納もあるようです

また 収納しようと思ったけど少しだけ奥行きが足らないとか

高さが足らないとかで上手く収納できなかったという話もあり

ます

収納一般- (3)

そんなことがあるとせっかくの注文住宅の意味がなくなって

しまいます

次回から 部屋ごとの収納についての考え方を書きたいと

思います

 名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所                                  古橋 雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから