注文住宅で和室は必要?-2

和室とは-2

前回 和室とは床が畳であることという条件を書きました
壁はどうなのでしょう

30

昔から和室の壁は真壁と言われて 木造の柱が見えていて

柱から15mm~18mmほど奥にへこんだところに壁があり

その表面には土や繊維をこねたものが塗られていました

入洛(じゅらく)壁とか大津壁 繊維壁などと呼ばれるもの

で 塗り壁というくくりになるようです

47

最近では調湿機能が多い漆喰壁や珪藻土壁も増えてきました

しかしこれらは工事にコストや時間ががかかったり技術が

必要だったりして 塗り壁風の壁紙(クロス)で代用したり 

塗り壁風でないクロス持つ換われるようになりました

クロス壁が多くなるとわざわざ柱を見せる必要がない と

洋室の壁と同じように造ることも増えてきました

従来の和室の壁「真壁」と呼ばれるものに対して「大壁」と

呼ぶ造り方です

天井も壁と同じように 昔は板貼で立派に見えるように細工

されていましたが 現在は工事にコストや時間ががかかったり

技術が必要だったりするために 板貼りに見えるようなクロス

や その他の素材に見えるようなクロスが増えてきました

次回は和室の定義で建具についてを書きたいと思います

 名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所                                  古橋 雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから