LDKの間取りの考え方 キッチン-1

独立型キッチン-1

17

注文住宅の間取りを考える時 まずリビングを

どのように配置するかが一番の注目点になるし

一番夢を形にしたいところでもあります

20160320-00001297-yj_realestate_article-006-1-view

最近のお客様は LDKを一部屋にしたいという

ご要望が多いですが ダイニングとリビングは分け

たいというご要望もあります

LDKの間取りををどのように考えたら良いかを

整理したいと思います

f9aac89f5a

今から20年以上前の時代の住宅ではダイニングと

リビングキッチンが分かれていた住まいが多く

見られました

キッチンの形の違いについてはまた別の機会に書く

としてキッチンが独立している間取りについて 

メリットはダイニングやリビングからは見えにくい

ので キッチン周りをきちんと片付けていなくても

良いことがあげられます

食器棚などに扉を付けなくても 収納したものが

ダイニングからは見にくいので 作業効率を一番に

考えることができるということです

お客様がいらっしゃる時は炊事している姿を見ら

れない事もメリットになります

またキッチンや収納の色や 壁の色目やテイストを

部屋独自で決めることができるというのも同様です

料理中の匂いや音がダイニングやリビングにもれ

にくいというのもメリットです

independent kitchen

反対にデメリットは 一番に奥様がキッチンで

炊事をしている時 子供さんやご主人様がいても

コミュニケーションが とり辛いことです

特に赤ちゃんの場合は様子を見ながら食事を作る

ということがしにくいので 様子を見るための

小窓を付けたりしました

これを解消したいのでLDKの対面キッチンが多く

なってきたということになります

pixta_4946327_S

その他 匂いがこもりやすいとか 配膳するのにダイ

ニングテーブルまでが遠いなどがあげられます

                 つづく

 名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所                                  古橋 雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから