仕様打ち合わせ:外観編-3

みなさん、こんにちは。

平成建設の池田です。

前回のブログアップから、少し間が空いてしまいました・・・

途中でやめてしまうことの無いように、頑張って継続していきたいと思います!!

今回のテーマは、「仕様打ち合わせ:外観編-3」です。

私は、ご契約いただいたお客様との仕様の打ち合わせを担当しています。

今回は、外壁材の組み合わせについてご紹介いたします。

最近は、外壁は1色(1柄)ではなく、アクセントで一部分のカラーを

変えたいという要望が多いと、外観編-1で お伝えしましたが、

外壁材の組み合わせ方にも いろいろありますので、その一部を

ご紹介したいと思います。

それでは、具体的に見ていきましょう。

はじめの2枚は、

「同じデザイン(同柄)の中で、2色を組み合わせる」パターンです。

好きなデザインを1つ選び、その中の数色から2色を選ぶということで、

比較的 組み合わせがしやすいパターンです。

「組み合わせの仕方がよくわからない」という方におすすめです。

ポイントは、色の差をハッキリつける(メリハリを効かせる)ことです。

1

2

次の2枚は、

「同色系で、2つのデザイン(違う柄)を組み合わせる」パターンです。

ポイントは、デザイン(柄)の差をハッキリつけることです。

凹凸の少ないフラットに近いデザインと、陰影がハッキリ出るようなデザインとの

組み合わせが、住まいに 表情や個性をさり気なくプラスし、上品な仕上がりになります。

個人的には、一番好きなパターンです!

4

3

次の2枚は、

「2つのデザイン(違う柄)、かつ、2色を組み合わせる」パターンです。

住まいの表情や個性を出しやすく、組み合わせの仕方の中で、

最も人気のパターンです。

5

6

最後は、

先ほどと同様に「2つのデザイン(違う柄)、かつ、2色を組み合わせる」パターンですが、

「デザインと色をそれぞれ近いものを組み合わせてしまったパターンです。

このような組み合わせをしてしまうと、せっかく2種類の外壁材を選んだのに、

どの部分をアクセントにしたのかが分からなくなってしまいます。

7

このように、外壁材の組み合わせ方にも、様々なパターンがあることを

お伝えできたかと思います。

今後も、仕様打ち合わせについて、いろいろご紹介していきたいと思いますので、

よろしくお願いいたします。

コメント
コメントはこちらから