仕様打ち合わせ:外観編-2

みなさん、こんにちは。

平成建設の池田です。

今回のテーマは、「仕様打ち合わせ:外観編-2」です。

私は、ご契約いただいたお客様との仕様の打ち合わせを担当しています。

今回も、前回に引き続いて、外観の打ち合わせについてご紹介いたします。

外観の打ち合わせをする際に、3Dイメージパースを用いたご提案・打ち合わせを

行っていると前回お伝えしましたが、建物のカタチが分かりやすいだけではなく、

カラーの変更やアクセントの入れ方の変更などが比較的 簡単に早く行える為、

お客様にタイムリーにご提案できるというメリットもあります。

手書きで行っていた時代を想像すると、ゾッとします・・・(笑)

それでは、具体的に見ていきましょう。

はじめの2枚は、

「アクセントの入れ方は同じで、ベースカラーのみ変えた場合」の比較です。

e5a496e8a6b3efbe8aefbe9fefbdb0efbdbd13e5a496e8a6b3efbe8aefbe9fefbdb0efbdbd21

次の2枚は、

「アクセントの入れ方は同じで、ベースカラーとアクセントカラーを入れ替えた場合」の比較です。

e5a496e8a6b3efbe8aefbe9fefbdb0efbdbd31e5a496e8a6b3efbe8aefbe9fefbdb0efbdbd41

最後の2枚は、

「外壁カラーは同じで、窓や格子・玄関ドアなどの各部材のカラーを変えた場合」の比較です。

e5a496e8a6b3efbe8aefbe9fefbdb0efbdbd51e5a496e8a6b3efbe8aefbe9fefbdb0efbdbd61

このように、同じ建物でも、外壁のカラーはもちろん、窓や玄関ドアなど、

外観に関わる部材のカラーを変えただけでも、外観のイメージがガラッと

変わることをお伝えできたかと思います。

個人的には、外観の打ち合わせが一番楽しいです。

お客様のご要望をかなえる提案ができれば、それが実際にカタチになるのですから、

こんな嬉しいことはありません!!

もちろん、カタチに残る以上、妥協はしません。

お客様のご要望はもちろん第一優先ですが、「これはやらない方が・・・」と

思うところがあれば、失礼ながら、アドバイスをさせていただきます。

好みの部分以外は、常に 自分の家だと思って取り組んでいます。

今後も、仕様打ち合わせについて、いろいろご紹介していきたいと思いますので、

よろしくお願いいたします。

コメント
コメントはこちらから