リビング階段について-2

前回リビリング階段の長所と短所について説明を

しました

その中でデメリットの一つとして 暖かい空気は

上に上がるのでリビングを暖房するとその空気が

2階に行ってしまい 高気密工断熱の住宅にして

回避することが必要だという内容がありあました

1- (18)

確かに高気密工断熱の住まいにすれば良くはなり

ますが それでも広い体積を暖房しなくてはなら

ないのは確かなので 冬の寒いときは温まるのに

がかかったりします

(1) (39)

それを回避するために リビング階段ではある

けれど 暖房する時には仕切ることができる

ように扉を付けることがあります

1- (20)

仕切ってしまうので 一般のリビング階段の

ようにリビングから見るとしゃれたインテリ

アになる という訳にはいきませんが春夏秋の

季節が心地よい時期はリビング階段の長所を

生かしつつ 冬になったら扉を閉めてリビング

の暖かい空気を逃がさないような創りです

33

それでも2階から1階のリビングを通らずに

玄関や浴室に行くには階段は廊下に配置した

ほうが良いと考えられる方もいらっしゃい

ます

ご自身のご家族の生活スタイルを良く考えて

ご要望を 纏められ優先順位を考えてきちんと

設計士に伝えて 一緒に作り上げていくこと

が重要だと思います

名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所 古橋 雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから