3階建てってどうなの?

01

私たち平成建設が創っている注文住宅は2階建てが大半で たまに

平屋建てや3階建てがあります

3階建てを建てるお客さまは平成建設では少ないです

理由は3階建てだと建築基準法上で制約が多く コストが割り高に

なってしまうとか 階段の面積が2倍になるのでもったいないとか

で 数が少ないです

3階建てを選ばなければならない場合はどんなケースがあるのか

を書きたいと思います

第一に土地が狭い時

親と同居する二世帯住宅にしたい時

1階を店舗にしたい時

賃貸併用住宅西手家賃収入を得たい時

土地が狭いけど敷地内に駐車場を確保したい時

周囲に建物が多く 日当たりの確保がしにくい時

これらが3階建てを選ぶ理由でしょう

さて 3階建てを検討するときのポイントです

まず 同じ床面積でも2階建てに比べて3階建ては

割り高になりますので 住宅資金に余裕を持っておくこと

階段部分が2つになり 利用頻度が増えるので 日々の階段の利用

状況をよく考えておく必要があります

家具が搬入できるか や荷物を持って階段の上がり降りに問題は

ないか 階段部分の照明器具や窓の掃除がしやすいか などの

メンテナンスも重要になります

利用頻度が多くなるということは当然危険度も増すので手摺や

滑り止めなどの工夫が必要になります

3階建ては上に伸びることで地震や台風の影響を受けやすく

ます

また暖房や夏の暑くなった空気が上に上がりやすくなるので

冷暖房の聞きやすさも考えなくてはいけなくて 高気密工断熱の

工法が重要になります

 名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所                                  古橋 雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから