太陽光発電の申請

15

住宅の屋根に太陽光発電装置を付けている方は 4月から法律が

替わって 再生可能エネルギーの固定買取制度の申請を新しく

しなおす必要があります

通常は取り付けた業者が代行して行ってくれます

しかし 太陽光発電装置は 2~3年前の売電価格が高い時に

取り付ける方がたくさんいたので 太陽光発電装置を売る会社が

どんどん新しく出てきました

しばらくして売れなくなったので販売店はかなり無くなって

しまいました

倒産したり 廃業したり 太陽光発電の部門をなくしたりしたの

だと思います

私の周辺でも太陽光の業者がいなくなったというお話を聞き

ます

でも 一般ユーザーにとって大変迷惑な話ですね

何しろ申請しないと 売電できなくなってしまうのですから

販売する時は10年間または20年間売電し続けて 大変

得になりますよ と売っていたのですから

  名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所                                  古橋 雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから