失言

K10010990841_1705221601_1705221611_01_02

「(がん患者は)働かなくていい」などとヤジった自民党の

大西英男衆議院議員 やっと謝罪しました

何度も失言を繰り返していますが 彩色な国会での質問とか

ではなく どうして野次やインタビューなどの場所で失言を

繰り返すのでしょうか

そういう時こそ本音が出るともいえますが 野次なんてもの

は 本来発言しなくてもいい時というよりも発言してはいけ

ないときに勝手に言うことです

本人の国会議員という地位が無くなる位の発言なので 何度か

謝罪したらもう余分なことは話さないという決心をするのが

普通だと思います

それがいまだに失言するというのは 繰り返しの学習ができ

ない あまり賢くない人なのか かなりの正直者で普段考えて

いることを自然に話してしまうのかどちらかというと後者の

気がします

あのような人を見ていて 自分も公の場で発言するときは

きちんと責任を持った言葉で話さなければならないと考え

ました

そのような機会はあまりないですが・・・

名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所 古橋 雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから