マイホームとは-9

子供の考える力やコミュニケーション能力を養うには子供

部屋にこもって勉強しているだけではなかなか養われず 家の

中でも特に家族のパブリックスペースにいて養われるものなの

だと前回お話ししました

一生に一度の夢の我が家を造る時には そのような環境を作って

あげるとマイホームが「頭の良い子が育つ家」に変わるという

ことなのです

ただ中学校 高校と成長していくと個室でじっくりと勉強する

ことが必要になりますので マイホームを考える時は それらの

変化に対応できる配慮が必要です

具体的には幼稚園 小学校のうちはしっかりとした個室は

造らず、なるべく家族がコミュニケーションが取れるような

勉強の場所を確保しておく

たとえて言うと「サザエさん」や「ALWAYS三丁目の

夕日」のような温かい家庭です

その後中学高校になるにしたがって あまり孤立しないような

個室を確保できるような間取りが適しています

この考え方は「頭の良い子が育つ家」という本に細かく記載

されています

名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所 古橋 雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから