マイホームとは-8

小学生の頃勉強ができた子の家庭環境に共通して言えることは、

家族のコミュニケーションをとることが多いということのよう

です。
それは、小学生の頃から独立した子供部屋を与えるのではなく、

リビングテーブルや、ダイニングテーブル、キッチンのカウン

ターなどで家族とコミュニケーションをとりながら勉強していた。

というような光景が多いようです。

これは小学校や中学校の試験問題、私立中学校の入試問題の出題

傾向が変化し、暗記問題重視から記述問題重視の傾向に変わって

きたからという内容が原因の一つのようです。

単に知識を詰め込んでいれば回答できる問題よりも、子供の考え

や答えを導き出した理由を記述させる問題が多く出題されてきて

います。こうした問題に的確に答えられるようになるためには

考える力、そして人に説明する能力が必要になります。

その能力をつけるには、子供さん自身が他人とのコミュニケー

ションを取ることで学習されるようなのです。

昔はリビングで勉強するとか言うと、ながら族とか言われて集中

できないと敬遠されたものですが変わってきましたね。

今日はこのあたりまでにしておきます。

名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所 古橋 雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから