雪崩事故!

栃木県那須町のスキー場付近で起きた雪崩事故は本当に

悲しい事故になってしまいました

雪崩に巻き込まれて何十メートルも流され 亡くなって

しまったわけですが 自力で助かった人もいたという

ことです

登山ではなかったので「登山計画書」は提出しなかった

し 遭難時に居場所を知らせる「ビーコン(発信器)」も

持たせなかったそうです

私は学生時代にスキーが大好きだったので吹雪の日でも

滑っていたことが何度もありました

吹雪の中一人で滑っていた時 深雪の中に突っ込んでしまい

スキー板が外れて見当たらなく 方向がわからなくなって

怖い思いをしたことがありました

スキー場の整備されたゲレンデでもそんな恐ろしいことが

起こるので 雪崩が起きたときの恐怖は想像を絶すると思い

ます

指導者の立場で ある程度怖い思いをさせて訓練させる

ことに意義がある事も充分理解できます

撤退や中止という判断は大変難しいですが 時にはそれも

必要だということを肝に銘じなければいけません

八甲田山死の彷徨という本を読んで感動したことを思い

出してしまいました

 名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所                                  古橋 雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから