「点と線」

点と線

松本清張の最初の長編作「点と線」を読みました

この本は はるか昔推理小説に懲りだした中学生の頃読んだ

ことがあり 時刻表のトリックに感動した覚えがある本です

国鉄や青函連絡船 電報を利用したりするので時代の流れを

感じますが ほかの伏線がごちゃごちゃしていないので 

トリック自体がわかり易くすんなり読むことができました

時代の流れに関係なく面白く読めるということはやはり松本

清張は偉大な作家だったということなのですね 

 名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所                                  古橋 雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから