ハウスメーカーの手抜き工事?

大手ハウスメーカーのSが3524件に及ぶ建築基準法違反に

手を染めていたとネットのニュースに掲載されていました

具体的には省令準耐火構造で造っているはずがさまざまな

部分で基準通りでなかったというものです

指摘されたハウスメーカーSはこれから認定を申請する予定

だったと開き直って大騒ぎになっています

本来なら手抜き工事を認めて改修工事を進めなければいけ

ないのですが 莫大な費用がかかるので 何とかこのまま納

まらないかと考えているようです

私たちのような小さな住宅会社だと数々の検査があり それに

合格していかないと完成できないのでこのような手抜き

工事はできないようなシステムになっているのですが どう

してハウスメーカーだと 検査をすり抜けることができて

しまうのか 不思議なことばかりです

そんなことをしても最後にはお客様にご迷惑をかけること

になり 何十年も安心して住むことができる住まいを提供

しようという理念に反することになります

住宅を建てることはお客様にとって一生に一度かにどの

大変高価な買い物なのに 初めての経験なので分からない

事ばかりなのです

そこにつけ込むようなやり方は絶対にしてはならない事

だと思います

大手だから 中小企業だからということではなく 住宅業界が

信頼される素晴らしい業界になっていきたいと考えています

ニュースはこちら → ライブドアニュース 

 名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所                                  古橋 雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから