マイホームとは-6

 赤ちゃんが生まれると、最初の頃は、この子は伸び伸びと

育てばよいなんて思いますが、小学校に入学する頃になると、

やはり少しでも勉強ができるようになると良いなあ、なんて

思ってしまうのが親心ですよね。

 最近、中学受験がブームになっています。小さなお子様を

持つ親にとっては、その言葉は気になるキーワードです。

高校受験や大学受験は本人の努力次第、というところが

あるのでしょうが、小学性のうちの勉強は家庭環境や親御

さんの努力が重要な役割を担っているようです。

 せっかく住宅を建てるのであれば、少しでも勉強するのに

良い環境を作ってあげたいと誰もが考えると思います。

住宅を建てる時、いろいろな書籍などを調べていると

「頭の良い子が育つ家」とか「子供の頭が良くなる間取り」

なんてタイトルを目にします。

 「頭が良くなる家」っていったい何なのでしょうか?

子供さんが勉強するために至れり尽くせりの家なので

しょうか?

間取りが子供さん中心に考えられているのでしょうか?

育つ家の種類で頭が良くなったり悪くなったりするもの

なのでしょうか?

住宅の内容によって、本当に頭が良くなったりしたその

当たりの事を実際にデータを取って調べた方がいらっしゃい

ますので、次回は具体的な子供さんが勉強ができるように

なった例について、話したいと思います。

 名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所                                  古橋 雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから