暗殺事件のその後

金正男氏がクアラルンプールで暗殺された事件のその後

防犯カメラに殺害したときの映像が残っていて 殺害の瞬間

どんな感じだったかがはっきりと解ってきました

ほんの2秒ほどの犯行だった事や その後暫くは自分で歩いて

病院に行ったりしていて生きていた事が解ってきました  

世界の中での北朝鮮の立場がこれから変化していきそうで

目が離せません

私は犯行の大胆さや現在のセキュリティ事情に目が行って

しまいます

大人数が行動している場所では 複数の防犯カメラが作動して

いるので 人の行動は後々に調べることが可能であることや

それを解った上で実行犯を使って大胆に犯行を指示するなど

現在の犯罪は昔と違ってきていることなどです

興味本位といわれそうですが この事件もう少し見守って

いきたいと思います

 名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所                                  古橋 雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから