「いただきます」

先日「かつや」(吉野家のようなカツ丼の店)で昼食を食べて

いたら 隣にちょっとカッコつけてるイケイケのお兄さんが

一人で座って注文していました

丼が出されるとおもむろに手を合わせて小さな声で 頂きます

と言っていたようでした

外見とは違ってきちんと教育されていたのだなと感心しました

「いただきます」の意味を調べると 一般的には食事を作って

下さった方々への感謝だということですが この意味のほかに

食べるものの「いのちを」いただくという意味があるそうです

この意味を踏まえると、まず「いただきます」と口にして思う

べきことは「申しわけない」という他のいのちへの懺悔 そして

そこから感謝が生まれてくるということです

日本人は食事の時も素晴らしい儀式をしていたのですね

 名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所                                  古橋 雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから