ウコンのチ・カ・ラ

ウコンは二日酔いを軽減する と言われて重宝していますが

アメリカのミネソタ大学の研究チームがウコンの主成分ポリフェ

ノール化合物・クルミンは「体内二十週去れないため薬効は生じ

えない」と発表しました

実際にウコンを飲むと二日酔いが治りやすいと言う声を聞き

ますが それはプラセボ効果にすぎない と言っています

プラセボ効果というのは「これは薬だ」と言って ほかのものを

飲むと病気の治りが早いという性質です

嘘のようですが これはどこの国の人であってもこういう性質を

持っていると発表されています

要するにウコンが二日酔いに効くと信じていれば効くわけです

これを考えると薬は成分がインチキでもよく効くという素晴らしい

CMをやっていれば本当に効く薬になってしまう と言うことに

なってしまいます

なんかしっくり来ないお話ですが 信ずるものは救われるという

ことなのですね

 名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所                                  古橋 雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから