解体工事の危険度

解体建物

25日の午後に福岡市早良区の商店街で解体工事中の2階建ての

建物が倒壊したそうです

画像を見ると重量鉄骨造なので 道路に倒れた時はかなりの衝撃

だったと感じます

このような大きな事故だったのですが怪我をした人はいなかった

ようで 不幸中の幸いでした

まず解体業の業者の方の責任ですが 元請業者がいたらそちらの

責任ということです

解体業は解体するものがどれくらいの強度かを想像しながらの

作業なので それを見誤るとこうなる事だと思います

私たちの会社でも住まいの建替えの場合 解体工事は必須です

注意をしすぎるくらい注意して工事を進めていかなければならないと

身にしみて感じます

 名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所                                  古橋 雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから