悪の論理

悪の論理

「悪の論理」という本を読みました 

昭和54年に発売された本なので かなり古いものですが

久しぶりに面白い と感じた本でした

前半は 第二次世界大戦は何故おこったのか それに

日本は何故参戦することになったのか

などを裏の裏まで克明に描かれています

真実かどうかはわかりませんが もし真実なら驚くべきこと

ばかりでした

後半はくには地政学というもので判断できることが書いて

ありました

かなり偏った考え方ですが 私が読んだ本の中でベスト

テンに入るかなと感じました

 名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所                                  古橋 雄治

コメント
コメントはこちらから