癌が一日で消滅

近赤外線でがん細胞が1日で消滅、転移したがんも治す

――米国立がん研究所(NCI)の日本人研究者が開発

した驚きの治療とは

という記事をFACEBOOKで見つけました

「近赤外光線免疫治療法」という 人体に無害な近赤外

線を照射してがん細胞を消滅させる 新しい治療法の

開発が注目されているようです

米国立がん研究所(NCI:National Cancer Institute)の

小林久隆・主任研究員が開発したそうで がん患者を

対象にする臨床試験も順調に進み 2~3年後の実用化を

目指しているとのことです

がん細胞だけを破壊するという大変ありがたいもので

近赤外線の当たったがん細胞だけが風船がはじける

ようにポンポンと破裂していく感じだと書いています

がん以外の正常細胞には抗体が結合しないのでそこに

近赤外線が当たっても害はないとのことだし ほぼ副

作用もないと 安全性が確認されています

皮膚がんのような身体の表面に近いものだけでなく

食道がん 膀胱がん 大腸がん 肝臓がん すい臓

がん 腎臓がんなど 全身のがんの8~9割はこの

治療法でカバーできるということで コストもかなりお値打ち

になるようで 2~3年後に実用化が目標だとのことです

記事はこちらです → mugendai

このような素晴らしい治療法が実現されると医療業界が

ガラッと変わると思います

ただ 結局こういう話は今まで癌治療にかかわっている

利権の問題が出てきてスムーズには取り入れられない

のが 今までの流れです

これこそ誰もが使えるような治療法になってほしいと

癌家系の私はつくづく思います

 名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所                                 古橋 雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから