フランス敗れたり

519WYFTCM2L

「フランス敗れたり」 アンドレ・モーロワ著を読みました

第二次大戦の初期にフランス軍に所属して イギリスと

連絡を取る将校であった著者が フランス軍はどうして

ドイツに簡単に負けたのかを書いた本です

フランス空軍の戦力が 戦う前からガタガタだったり

政治家は政治闘争に明け暮れて国民は無気力で とても

国民一丸となって戦う雰囲気ではなかったと書いてあります

ヒトラー率いるドイツは 良い悪いは別として 強いリーダー

シップを持っていて一丸となって戦いを挑んでいたから

勝てないのは当然でしょう

また驚いたことにこの本 日本では太平洋戦争が始まる

一年前の昭和15年に発売されてベストセラーになたそうです

当時の国民がこの本を読むと ドイツと日本を重ね合わせて

国中が一丸となっている日本ならアメリカにも勝てる と

感じてしまうのもわかる気がします

国民の感情を太平洋戦争に向けさせる役目として 大日本

帝国が意図してこの本を発売したのかもしれない と

感じてしまいました

 名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所                                  古橋 雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから