スマホカンニング

将棋棋士の三浦弘行九段のスマホカンニング疑惑で 

日本将棋連盟から12月末までの出場停止処分を

受けて本人は反論しているそうです

対局中に席をはずすことが異常に多かったようで 

本人曰く 離席中は休憩室などで横になるなどして

体を休めつつ次の指し手を考えたり トイレに行ったり

していた だそうです

時代の流れで疑われることも大きく変わってきた 

と感じます

スマホやパソコンが無かった時代は 短時間で相手の

手を分析することは難しかったので いくら席を外し

ても大目に見ていたのでしょうが 今は駄目なのです

昔 学校の試験で様々な方法でカンニングをするという

映画がありましたが スマホが発達した現代には全く

通用しないという事になります

改めて時代の流れを感じてしまいました

将棋界では 対局時に金属探知機などで 機器を持ち

込ませないという規制をつくるようですが 今に 金属

探知機などで検査をしても分らないような機器が出て

くる気がします

 名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所                                  古橋 雄治

バナー←あなたのワンクリックお願いします

コメント
コメントはこちらから