熊本城の工事スタート

熊本大地震で石垣が崩れた熊本城の飯田丸五階櫓

という建物があり 隅石1本で支えられていましたが 

現在その倒壊防止の工事を大林組が進めていると

熊本城のFACEBOOKに掲載されていました

13432360_1259816830710261_7430418335469154959_n

これはCGですが こんな感じの計画です

片持ちの鉄骨で 片側だけから支えることができるか と

考えてしまいますが 当然キチンと構造や耐力の計算を

した上での工事だと思います

13692534_1294545517237392_8828275270906337503_n

しかし これは補修工事というわけではなく 鉄骨を

差込み雨や地震でこれ以上の倒壊の危険性を取り除く

ことで 地震後はじめて櫓の内部の被害を調べる事が

でき そのうえでどんな復旧が可能かを見極めるという

ことです

13654168_1297040926987851_2667700785020672098_n

櫓を支えるアーム状の鉄骨「仮受構台」は全長約33m

高さ約14m幅約6mだそうで  完成して櫓を囲み櫓の

下に支柱を差し込む作業を行います

13681089_1297040870321190_8145920692424123300_n

熊本市は城全体を20年間で復旧させるという先の長い

計画でまずこのようにスタートしたということです

13769485_1297041066987837_5298697603424788196_n (1)

これらを見ていると日本の土木建築の技術力の高さを感じ

応援したくなりますね

 名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所                                  古橋 雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから