台湾の手抜き工事

台湾の地震 震度5でそんなに大きくない地震だったのに

台南市永康区にあった地上16階地下1階建での高層住宅

が倒壊してしまいました

今日現在41名もの方が亡くなられているようで 大変な事件

ですが

wpid-07GZ006_-640x426

問題なのは柱の中から一斗缶や発泡スチロールが出て

きたということです

CagRtkRUYAAB0l4

建設会社が講じ途中で倒産して何とか完成にこぎつけた

といういわくつきの建物だったということです

bba76e3a

21cedadc

00f778ad

このように画像がいくつも出てきて一斗缶やスチロールを

入れたのは外観を良くするためとか言われているよう

ですが どう見てもコンクリートをケチるために入れた

としか思えません

これだけ入れるとかなりコンクリートを節約?できます

日本では構造計算によって鉄筋の量が決められていて

一斗缶が入る隙間はないので この台湾の建物は鉄筋量も

かなり少ないと思われます

鉄筋コンクリートの建物は鉄筋の太さと量 それを巻くコンク

リートの強度によって決まるので これらは強度を全く無視

した造りです

台湾の人たちは○国と違ってわりときちんとしたお国柄だと

感じていましたが そうでない人もいるのは当たり前の事

なのでしょうか

ずっと日本の緻密な建築の構造にかかわってきた私たちに

とって信じられないことばかりですが こんな事件によって

私たちの信頼が薄れることを危惧してしまいます

       名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設一級建築士事務所  雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから