老舗の造り酒屋のニュービジネス

先日 毎日新聞にバンド仲間のつるちゃんが掲載されていて

頑張っているなあ と見ていたらネットにもあちこち載って

いました

つるみ酒造

こちらです

創業140年を超える老舗の造り酒屋の社長には全く

見えませんが 頑張っています

有名アパレルブランドがプレスパーティーを行うイタリアの

リゾート地・ノヴァーラの「レストラン カバッロッタで 2015年

12月10日(木)に「SUSHISAKE 神鶴 純米大吟醸」のテイス

ティングパーティーを実施し他という記事が載っていました

こちらがデジタル朝日新聞に掲載されていたものです

             ↓

後味すっきりスシに合うSAKE 愛知の酒蔵が輸出計画

鶴見酒造は、日本の食文化を代表し、今や世界で愛される

“寿司”をもっと美味しく味わってほしいという想いから、

「SUSHISAKE 神鶴 純米大吟醸」を開発しました。

「SUSHISAKE 神鶴 純米大吟醸」は魚特有の生臭さを

抑え、ネタ本来の味わいを引き出すため、旨みのバランスに

こだわり、後味をスッキリと仕上げています。

そして次の寿司ネタを引き立てるように、徹底的に“寿司”との

相性を考え抜いて造った一品です。

別のサイトには このように書いてありました

今後は「レストラン カバッロッタ」をはじめ イタリア国内の

様々なレストランでの導入が検討されていて 上海の高級

ホテルへの導入も予定されているそうです

老舗の酒屋がイタリアとは なかなか考えにくいのですが

そういう発想の転換が新しいビジネスを生み出すということ

私たちにも刺激になります

       名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設(株)  雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから