軽減税率は曖昧だ

消費税の軽減税率8パーセントに据え置くものを何にするか

食品全般(酒類と外食を除く)で決まりましたが 外食と

食品はどう違うのかが かなりあいまいで難しいようです
 
ファストフード店の持ち帰りやコンビニのイートインは

外食ではないということらしいですが 蕎麦屋や寿司屋の

出前やピザ屋の宅配などが曖昧になっているようです

蕎麦屋の出前は8%だけど ピザの宅配は10パーセント

となると分析しているメディアがありました

このあたり非常におかしい感じがするところです

軽減税率を適用しようとすると こうなるのはどうしようも

ない事のようですが提供するほうはたまらないですね

例えば ほとんどが宅配業務のピザ屋さんは8%か

10%かで売り上げがかなり変わる気がします

抜け道を考えてもこればかりは全国一律なので 認め

られるということは難しいと思います

諸外国を参考にして考えるようですが 是非とも裏の力が

働いて決まる という事が無いようにしたいですね

      名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設(株)  雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから