オトナ女子

昔からテレビドラマが好きで あまりテレビが見られないので 

話題性があるものは見られない時は録画してでも見るように

していました

私が若い頃は トレンディドラマと呼ばれるものが高視聴率を

出していて 特にバブルの頃は石田純一をはじめとして若者の

恋愛ものが流行っていた時代が長かったと感じています

暫くの間 見ていなかったのですが最近「オトナ女子」という

篠原涼子主演のドラマを見たら昔のトレンディドラマの作り方で

面白くて 録画するようにしていたのですが このドラマの

視聴率が異常に低いらしくて 一度も10パーセントを超えない

そうです

篠原涼子が髪をかきあげるシーンなどは 私は良いなと思って

いたのですが いかにも昔風で若い人には受けないそうです

製作スタッフの責任者が私と同世代だから このような作りに

なってしまうようで 若者の感覚を取り入れることができないのは

時代についていく事ができないということなのでしょう  

その責任者の人などは多分私と話が合うのではないかと

思います

私も家創りを仕事としているので 施主様は若い人が多いです

私の感覚というより若い人の感覚を意識していかないと

ドラマと同じことになってしまいます

       名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設(株)  雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから