ファーマゲドン

ファーマゲドン

ファーマゲドン という本を読みました

世界で食材がどのように作られているか 隠された事実が

克明に書かれています

例えば生後6ヶ月で出荷される子牛は 生後すぐに身動き

できない檻に閉じ込められ牛乳だけを与えて極上の柔らかな

白い肉にしてしまうのです

その他 動物や植物に対して人が美味しく食べるために

想像を絶することをしているそうです

私はもともと 同じ生き物なのに牛や豚は食べてもいいけど

鯨はだめだという理論はおかしい と考えていましたが

次元の違う話が載っていました

生きていくためには仕方がないという考え方もわかりますが

このままいくと人類は滅びるかもしれない と感じてしまう

本でした

       名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設(株)  雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから