姉歯事件よりひどい問題

横浜市都筑区で三井住友建設が造った最高12階建ての

大型マンションが傾いたという事件  建築に携わる私たち

として無視するわけにいかない問題です

4棟かあるうちの1棟が 1.5センチ傾いているようなの

ですが 基礎工事で打ち込む杭約50本のうち8本が 

地盤の強固な支持層に約3メートル達していなかったことが

判明したとのことです

問題のくいを含め10本の部分の地盤調査が行われておらず 

別のデータの転用や加筆があったことが分かり 他の棟でも

28本について同様のデータが使われていることも 確認され

たそうです

戸建住宅を造る時でも隣の地盤データを使うことはせず 

きちんとその土地で地盤調査を行うのが普通です

地層は水平になっているとは限らず 斜めの層になっていると

すぐ隣でも違っているのが当たり前だと言われています

1.5センチ下がった建物を持ち上げて水平にするのは

ものすごい費用がかかると思われるし 杭が支持地盤まで

届いていないので今後まだ下がる可能性がないとはいえ

ないので この問題を処理するのは大変難しいです

一番すっきりした保証はマンション建て直し その間の引越し

費用や仮住まい費用をすべて持ってもらう事ですが それは

無理だと思うので どのようにするのでしょうか

かつてヒューザーが耐震偽装の物件を知りながら販売して 

姉歯事件として大問題になりました

でもその後 そのマンションは阪神大震災でも全く問題は

なかったようで 今回はもう建物に支障が出てきているので

姉歯事件より始末が悪いと思います

       名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設(株)  雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから