国立競技場問題

国立競技場問題で設計担当のザハ・ハディド氏の事務所が

「コスト高は東京の資材や人件費高騰によるもので デザ

インが原因ではない

低価格な競技場を提案する用意もあったが、JSCから要請は

なかった

十分な競争がない中で建設会社を選ぶことは過大な見積

を招くと警告していたが 聞き入れられなかった」

との声明を発表しました

また 計画見直しで新しいデザインを選べば 質が悪くなる

うえ 建設費も高くなるリスクがあるとし 安倍晋三首相に

対し 有効な提案をする準備があると書簡を送ったそうです

ザハ氏は 今のところ違約金の請求をするつもりはない と

言っていますが このザハ氏の提案の申し入れを無視して

別の案を選ぶと 違約金の請求をされたりしてまた大問題に

なりそうです

ザハ氏の「有効な提案」があまり減額できないのに選んで

しまうと また世論が黙っていないでしょう

新国立競技場案の決定までは 遠藤五輪相は大変重要な

舵取りをすることになりそうです

今度こそ責任の擦り付け合いはやめて 真のリーダーの

手腕を見せてほしいです

       名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設(株)  雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから