安全保障政策

安倍政権は戦争中の他国軍を後方支援することができる

考案と集団的自衛権を行使できるようにする法案を臨時

閣議で決定しました

市民団体がものすごい勢いで反対運動をしていて 日本の

安全保障政策が今後どうなっていくのか注目する所です

野党が大反対をしているので国会が紛糾するのは当然

だと思います 
難しい問題なので簡単に批判することは難しいですが 

これだけ反対されることがわかっていて実行する安倍総理

の強い信念はリーダーとして見習うべきものがあると感じ

ます 

自衛隊が今より命の危険が高まるのは必至なので 彼らが

どう感じているか また今後自衛隊に入りたい若者が減少

していき徴兵制にせざるを得ないかという問題が出てくる

気がします

当面注目ですね

       名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設(株)  雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから