近未来の家

V2Hシステム というものがあります

それはVehicle to Home という意味なのですが

要するに電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド自動車

(PHV) 燃料電池車(FCV)などの自動車が蓄電池に蓄えた

電力を家庭用の電力として利用する事です

自動車を自宅の敷地内に駐車している間は 車の蓄電池を 

家庭内の発電システムの一部として充電や放電することが

できるわけです

太陽光発電を組み合わせると 昼間太陽光で作った電気を

車に貯めておいて必要な時に使うことができます

日産のリーフがそれに適していて 中古で購入すると蓄電池

を買うのと価格がそんなに変わらないということです

これからの近未来 このような家の住まい方がどんどん増えて

一般的になっていくのでしょう

平成建設では 今のうちからこのシステムを取り入れた住宅も

提案しています

       名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設(株)  雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから