外資系金融の終わり

外資系金融の終わり という本を読みました

新規JPEGイメージ

かなりショックな内容がたくさん書かれていて

驚きの連続 久しぶりに本を読んで気分が悪く

なりました

リーマンショック前に外資系の金融関係に勤めて

いた方たちは 金銭感覚が私たちとはまったく違う

世界で生きていたのです

20代のサラリーマンで年収5000万とかの世界です

実力があればそれでも良いのかもしれません

お客さまの資産を預かって儲けさせてあげるのなら

まだ良いのですが トレーダーとしての力で自社の

何億という金額を動かして利益を得るという仕事 

自分の中では どうしてもしっくりこないのです

仕事というのはお客様に新たな価値を創造してあげて

それで対価を得る お客様に貢献する お客様から

感謝される というものだと考えているからだと

思います

お客様がいないトレーダーとしての仕事はカジノと

同じだと感じます

       名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設(株)  雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから