巨像も踊る

ルイス・V・ガースナーという方が書かれた「巨像も踊る」

を 読んでいます

巨像も踊る

IBMという会社を蘇らせた男として有名な方です

長らくコンピューター業界の最高峰に位置付けられていた

巨大組織のIBMでしたが大きな変革期に一つの判断ミスを

したため マイクロソフトやインテルにパソコンのソフトなどの

部門を奪われてしまい 瞑想していた時のIBMを見事に

蘇らせたわけです

ちょうど 私達がパソコンと出会った頃からのことがリンクして

おり 知っている名前がたくさん出てきました

初めて出会った頃はウインドウズ95で日本中にパソコンが

爆発的に流行った時代でした

でも 私は当時ロータス123と一太郎だったし OSは

ネットスケープナビゲーターでした

しぶとくそのままずっと使っていたわけですが ある時期に

迷いに迷った挙句 全てマイクロソフト製に替える事にして

結構大変だったわけですが もしその時替えていなかったら 

その後に もっと苦労したと思います

あの頃 ここまでインターネットやモバイルが普及するとは

考える事もできなかったのですが 巨大企業を預かる場合

そこを予想してどこに力を入れていくか決めなければいけ

ないわけで トップの判断力の重要さと運も味方に付け

ないといけないことも感じました

コンピューター関連の業界は変革が大きいので たくさんの

企業が誕生しては無くなっていったものですね

       名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設(株)  雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから